インクカートリッジの種類を紹介

インクカートリッジがなければ、プリンターを動かすことはできません。そのため、常に適切な製品を補充しておくことが求められます。もちろん、いつかは空になるものですから、予備も必要です。日本はまだまだ電子化が進んでいないこともあり、紙への印刷はほぼ毎日行われています。実施するごとにインクは消費され、ランニングコストはときとして深刻な問題です。最近では安い互換製品も市販されるようになりました。とはいえ、プリンターに合ったものを採用しなければ、故障を引き起こすことも考えられます。まずは使われているインクのことから、市販製品の種類を正しく把握することが大切です。その上で、もっとも需要にあった一品を選んで、無理なく綺麗な印刷を続けていきましょう。

用途に応じて使い分けたい顔料性と水性

インクカートリッジに入っているインクには、顔料性と水性という違いがあります。たとえ同じ色であっても、その成分によって性質は大きく変わるものです。そのため、用途に応じて使い分けることも大切となります。公式製品の場合は統一されていますが、互換製品であれば、その限りではありません。顔料性のインクは水に強いのが特徴です。主に黒で採用されており、書類を印刷する際には最適といえます。外回り用のプリントを多く使う場合、雨に濡れても滲みにくい顔料性インクのほうが便利です。一方、水性は発色に優れており、フルカラー印刷のクオリティを高めてくれます。また、顔料性と比べて目詰まりを起こしにくいため、メンテナンス上では有利です。インクの成分にも気を遣いつつ、使いやすい製品を選んでいきましょう。

押さえておきたい公式製品と互換製品の違い

量販店で売られているインクカートリッジには、公式のものと、他社が出している互換製品があります。今使っているプリンターと適合しているものであれば、どちらを使っても問題ありません。その上で、両者の違いを把握しておけば、もっと気軽に印刷ができるようになります。まず、メーカーや家電量販店が発行している修理保証を考えなければなりません。これが適用されるのは、正規の使い方をしているときのみです。インクカートリッジを互換製品にしていると、保証外とされてしまうことがあります。一方、保証期間が終われば、どのみち有償修理です。それならば、比較的安価な互換製品のほうが、コストパフォーマンスに優れているといえます。自分が得するほうを考えて、インクを補充していきましょう。

学校、会社で切らしやすいプリンターインクやトナー、コピー用紙をお安くご用意しております お子さんやお孫さんのお誕生日に、ぬくもりいっぱいの木のおもちゃのプレゼントを♪木製玩具ならこまもの本舗 安くて豊富な種類のプリンターインクカートリッジや、高品質低価格のトナー・リサイクルトナーをお探しなら! 数量限定送料無料大特価1000円の、選べる互換インク福袋販売中!数が限られてますのでお早めに! インクカートリッジを注文するなら専門ストアで!