インクカートリッジがなくなったときの処分方法

自宅でインクジェットプリンターを使っている方で、頻繁に印刷をしている方は、使用済みのインクカートリッジの所分に困ることがあるでしょう。容器はプラスチック製なので、リサイクルゴミや資源ゴミとして出せると考える方もいると思われますが、ICチップ等の金属部品が付いているので、当てはまらない市町村も多いです。規定に合わない物を集積場に持ち込むと、収集せずにその場に放置されることもあります。区分が分からなければ、市町村の役所に問い合わせることを勧めます。分別のハンドブックを各世帯に配っている自治体もありますし、役所のホームページに公開している所もあるので、確認してみるといいでしょう。埋め立てゴミに区分される自治体でも、町中のリサイクルボックスなどの利用をアドバイスされることもありますし、自治体独自でボックスを設置していることがあります。

リサイクルボックスの利用方法と設置場所

使用済みのインクカートリッジは、中を綺麗に洗浄して再利用できる場合があります。インクの残量表示の確認に使われるICチップも、新しい製品に取り付けて再び使うことも可能です。しかし、消費者の側ではできないので、しかるべき企業で処理してもらう必要があります。リサイクルボックスは、使用したカートリッジを集める役割があり、そのままカートリッジを投入するだけで構いません。リサイクルボックスは、一部の市町村施設以外であれば、プリンターのインクを取り扱う家電量販店に設置されています。また、人通りが多い郵便局の内部に設置されていることもあります。プリンターメーカーの純正インクであれば受付が可能なことが多いですが、メーカーごとに分類されている所もありますので、注意してください。

純正インク以外の互換品を利用している場合

インクカートリッジのリサイクルボックスは、メーカー品以外のカートリッジを受け付けていない所が非常に多いです。詰め替えタイプを利用して、純正のカートリッジに詰め替えて使っているのであれば、そのまま利用できるので、処分に困らないでしょう。しかし、インク業者が容器を含めて製造した互換品を使っているユーザーであれば、戸惑ってしまうかもしれません。互換品の場合は、インク業者がカートリッジの回収を宅配による送付で受付している所もあります。配送料金や手数料は業者持ちであることが多く、宅配の着払い用紙を業者に請求して送付してもらい、使用済みのインクカートリッジを詰めて返送する形をとっています。純正品のリサイクルも受付をしている会社もあります。ただ、カートリッジの個数が一定の数量以上としている場合もありますので、相手先に確認しましょう。