インクカートリッジの相場について解説

ご自宅や職場でお仕事をなさっていて、書類を印刷しようとすると、プリンターからエラー音が出て、内容を見てみると、インク残量がなくなっていたという経験をお持ちの方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。職場であれば、たいていの場合は、そういった時のために予備のインクカートリッジが保管されている場合が多く、それを交換することによって解決しますが、ご自宅ではそうでない場合もあるかもしれません。また、インクカートリッジを購入する際も、どのようなものが良いのか、あるいは相場はどれくらいのものなのか、気になるところでしょう。今回は、プリンターのインクカートリッジの一般的な相場について、ご紹介していきます。ぜひご参考にしていただければと思います。

インクカートリッジの一般的な相場

インクは各プリンターのメーカーから、純正品が販売されています。これらの相場は、どのメーカーでも大きく変わらず、おおよそ1色あたり1000円ほどになります。多くの場合は、4色や6色など複数色がセットで販売されておりますので、ご使用のプリンターをご確認いただき、それに合わせて、ご購入いただければと思います。プリンターのインクには、メーカーから販売されている純正品ではないもの、すなわちいわゆる非純正品も販売されていますが、こちらはあまりおすすめできません。その理由は、下記にて記載いたしますが、プリンターのインクを選択する際には、そのプリンターにあった、純正品を選択していただき、購入するようにしましょう。それが、プリンターを長持ちさせる秘訣になります。

非純正品のインクのデメリットについて

インクは各プリンターのメーカーから以外にも、非純正品として、販売されているものがあります。こちらは、純正品に比べて値段は安いことが多く、頻繁に印刷を行い、インクの交換が必要になるという方にとっては、メリットが大きいように思えます。しかし、非純正品のインクには、様々なデメリットがあることも事実です。例えば、非純正品のインクを使用した場合、特に問題のある使い方をしていなくても、インク漏れが生じる場合があります。純正品のインクでは、インク漏れといったことはほぼありません。さらに、明らかにインク残量があるにもかかわらず、プリンターがインクを認識しなくなってしまい、結局は買い替えが必要になってしまうという場合もあります。純正のインクは、確かに非純正品のものと比較すると、高価にはなりますが、そういったトラブルのことを考えると、インクを購入する際は、純正のものを購入することをおすすめします。