正しいインクカートリッジの交換方法

インクジェットプリンターのインクは液状の顔料インクで、専用カートリッジの中に充填してあり、インクカートリッジをプリンター本体に装着する事で使用可能になります。装着する前の注意点には必要な色である事を確認する、カートリッジのインク吹き出し口を止めているテープを剥がす、向きを確認するなどがあります。装着した時の注意点は音がするまで押し込むなどがあります。インクジェットプリンターを購入した時に取り扱い説明書が添付してありますが、取り扱い説明書の中にインクの交換の仕方や注意点、インクの種類の紹介を行っているページがあるので、インクを購入する時や交換する時には取り扱い説明書を利用するのがお勧めです。特に、間違ったインクを購入した場合、装着が出来ない、装着が出来ても印刷が出来ないなどのトラブルが起こるので注意が必要です。

インクの品番を確認してから購入しましょう

インクジェット方式のプリンターには3色タイプや4色タイプ、最近は6色や8色などのインクカートリッジを利用している製品があります。インクジェット方式のプリンターに利用出来るインクはメーカーが純正品として販売しているタイプ、他のメーカーが製造販売している互換性インクなどがあります。利用出来るインクはそれぞれのインクジェット方式のプリンター毎に決まっているのが特徴です。同じメーカーのインクなのでどれでも良いわけではなく、自分が利用しているインクジェット方式のプリンター専用のインクを選ぶ必要があります。プリンターを購入すると製品の使い方などが掲載してある取り扱い説明書が添付してあります。取り扱い説明書の中にはインクの種類を紹介しているページがあるので、掲載してある品番をメモするか、お店に取り扱い説明書を持参して品番を確認した上で購入するのがお勧めです。

取り扱い説明書を見ながら交換しましょう

インクジェット方式のプリンターの上蓋を開けるなどすると、インクカートリッジを装着する場所が見えます。空になったカートリッジを取り外した後、新しいカートリッジを装着すれば印刷が出来るようになります。この時、カートリッジの向きや空いているカートリッジに注意を行い交換する事が大切です。正しい品番のカートリッジを装着する事も大切で、品番違いでも同じ形状のカートリッジの場合には装着出来てしまう事もあるので、購入時に確認しておく事が重要です。カートリッジにはインクの噴射口部分にテープが貼ってあるので、テープを剥がしておく、向きを確認して正しい場所に新しいインクカートリッジを装着します。装着した後に上蓋を閉じると自動的にインクが充填されるので、充填完了になった段階で印刷が可能になります。